TOP > 検査の流れ

睡眠検査の流れ

パルスオキシメータ

パルスオキシメータ

睡眠中の体の中の酸素濃度を測定する機械です。
酸素濃度の低下の回数より大まかな睡眠中の無呼吸の存在を推定する事が出来ます。



終夜睡眠ポリグラフ検査

終夜睡眠ポリグラフ

睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシーなどの多くの睡眠障害の診断に必要な検査となります。体の様々な箇所に電極・センサーを装着して眠って頂く検査です。睡眠中の脳波、心電図、筋電図、呼吸状態、血液中の酸素飽和度などが測定できます。尚、各種センサー装着時に痛みを伴うことはほとんどありませんのでご安心ください。
また、小さなお子様でも検査可能です。


検査室

患者さんには夜に来院していただき個室の検査室にてセンサー類装着の上、眠って頂きます。


解析室

終夜にわたり患者さんの睡眠の様子を見守っています。
来院時間、退院時間の詳細は外来にてスタッフにお問い合わせください。


※シャワー室も完備しておりますので、翌日お仕事のある患者さんもそのまま出勤することも可能です。


反復睡眠潜時検査(MSLT)、MWT(覚醒維持検査)

昼間の眠気の強さを測定する為の検査です。
ナルコレプシーなど過眠症の診断の為に行う検査で通常終夜睡眠ポリグラフ検査の翌日に行います。終夜睡眠ポリグラフ検査と同じ電極を装着した状態で指示された時間帯にお昼寝をしていただきます。それ以外の時間帯は必ず起きていていただく必要があります。その他、検査当日はカフェインの摂取、喫煙が制限されます。
また、服装もなるべく日常生活に近い状態で行いますので検査を受けられる方は着替えやすい前開きの服を用意されるとよいかと思います。

 3割
負担
2割
負担
1割
負担
終夜睡眠
ポリグラフ検査
16,000円前後11,000円前後5,000円前後
終夜睡眠
ポリグラフ検査
+
反復睡眠
潜時検査(MSLT)
19,000円前後13,000円前後6,000円前後

※薬の処方があった場合、付き添い寝具を使用された場合には、別途料金がかかります。

※子ども医療費受給者証等をお持ちの方:市町村により異なります。(受付で確認して下さい。)

ページのトップへ戻る